㈱ウインターハター・ジャパン : 排熱回収装置付洗浄機 Energy+

◎製品概要

これまで常に無駄にしていた、“すすぎ時の発生蒸気熱”と排水に含まれる“排水の潜熱”を再利用します

 

蒸気用と排水用の2つの熱交換器により、無駄にしていた熱を“給水を温める熱源”として再利用することにより、“¥0”で水を温める光熱費をまかなうことができます

この機能を排熱回収(ヒートリカバリー)といい、同機能を搭載した洗浄機がEnergy+(エナジープラス)です

 

今回は特にドア型洗浄機GS502 Energy+GS515 Energy+を中心にご紹介します

◎排熱回収の仕組

○工程-1

すすぎ工程が始まった段階で、熱交換を開始します

 

発生した蒸気を利用して給水を温めます(写真上部熱交換器)

※給水温度10℃の場合:蒸気が熱交換器を通ることで約42℃に加熱します

○工程-2

さらに洗浄水の排水を利用した2次熱交換器でその給水を過熱します

※排水部の熱交換器を通ることで約42℃(工程-2)に上昇した水を、約53℃まで加熱します

同時に洗浄庫内の温度をクールダンさせます

 

常に53℃の給湯供給が行われていることと同様になります

○工程-3

蒸気と排水にて熱交換された給水は、約53℃の湯としてボイラータンクに入り、85℃まで最終加熱を行います

※より少ないエネルギーで、必要温度85℃に加熱することが可能になります

 

熱交換は、すすぎ終了後約30秒間で終了します

※熱交換中は操作パネルが青と緑が点滅します


動画による仕組解説はこちら

◎導入メリット

1 : ランニングコストの削減

1ー1 : エネルギーコストの削減

上記の通り給湯供給が必要ないことから、1回の洗浄につき、0.12kwhの電気エネルギーを削減できます

※排熱回収装置がついていない通常のGS502GS515で、給湯温度が40〜60℃の場合と電気容量は同等です

(20℃までの給水接続時は15.5kw要⇒Energy+ 9.5kw)

※洗浄機の稼働が多くなればなるほど、電気エネルギー削減効果が大きくなります



GS502 Energy+
基準値 : 東京電気料金(¥/kwh) ¥11.8/kwh
洗浄機稼働回数/日 150回/日
洗浄機稼働日数/年 365日
コスト削減/稼働(kwh/稼働) 0.12kwh/稼働
電気エネルギー削減値/年(kwh/年) 6,570kwh/年
削減コスト/年 ¥77,526年
8年間の削減コスト(耐用年数) ¥620,208

1-2 : Co2の削減

Energy+において年間に削減される6,570kwhの電気エネルギーは・・・

○5人家族の年間電気使用料相当

○仮にラショナル社selfcookingcerter whitefficiencyの6段タイプ(10.1kw)では約650時間稼働させることが可能

 

また、C02削減量に換算すると・・・

2,227kg(2.2t)に相当します

 

※Co2の排出量数値は環境省発表資料「平成18年度電気事業者別排出係数Co2排出係数」「東京電力0.339kg/kwh」より算出


2 : 設備投資の削減

2-1 : 給湯設備の削減

洗浄機については給水接続で稼働可能なため、給湯設備を大幅に削減することが可能です

2ー2 : 空調ランニングコストの削減

すすぎ時に発生した蒸気は洗浄&すすぎ工程終了の30秒後には熱交換器を通過(水に熱が移行される)することによって常温且つ、湿気のない空気として洗浄エリア・厨房に排出されます

※温度26℃〜30℃、相対湿度は50%以下

 

したがって、通常では洗浄工程後に湯気・熱気が洗浄エリア・厨房に排出されるため、排気フードを設備するだけでなく、洗浄機からの熱エネルギーを考慮して空調計画を行いますが、Energy+とすることでその設備を大幅に削減することが可能です

 

このことは、

○様々な厨房機器に悪影響を与える“高湿度”と“高温度”を排除

○労働環境の改善

も、もたらします

2-3 : 排気フードの削減

上記の通り、洗浄工程後の湯気・熱気は非常に少なくなるため、洗浄機専用として排気フードは不要となります

※消防法では12kw以上の機器は排気フードは必要です

※保健所の指導により排気フードが必要になる場合があります

 

下記、Energy+を搭載しない通常洗浄機とEnergy+搭載機の比較です

洗浄工程後 : 通常タイプ
洗浄工程後 : 通常タイプ
洗浄工程後 : Energy+
洗浄工程後 : Energy+

◎結論

つまりは・・・

○十分な給湯設備がない

○排気設備も確保できない

といった条件下においても、Energyシリーズであれば導入可能性が高くなります

※電気仕様だけでなく、2012年9月からはガス仕様も選択可能となりました

◎FAQ

Q-1 : 忙しいレストランでも導入に問題ない?

A-1

ランニングコスト削減を最重視し、30秒の熱交換が洗浄工程後に必要となります

この時間が問題になる場合(客席が多く、回転率が高い店舗等)には繁忙時間帯のみ、洗浄終了後熱交換の30秒待たずに使用して下さい

排水の熱交換器がバランスを保つため、省エネ効果は同等に維持します(コスト削減効果も保ちます)

ただし、湯気熱気は回収されないため、排気フードの取付を推奨します

 

某24時間営業ファミリーレストランにおける高い使用頻度におけるフィールドテストでも問題ないということが実証されております

最大250回/日の稼働におけるフィールドテストによる結果では、約2年程度でのコスト回収(熱回収装置のコスト)が可能という結果となりました

Q-2 : 立ち上がりの時間は?

A-2

GS502・GS515 Energy+については約45分で運転開始可能となります

※給水接続のため、通常タイプと比較すると約15分追加の時間を要します

◎Energy+導入における注意点

1 : 給水接続限定

当然のこととなりますが、給水接続のみの対応となります(基本推奨給水温度は10〜20℃)

給湯接続の場合には熱交換機能が作用しなくなり、Energy+の意味がなくなります

2 : 純水・RO水への対応

熱交換器は銅製のため、グラス洗浄等のための純水RO水による使用には対応できません

ただし

当初より純粋・RO水を使用されるということであれば、材料を変更することにより対応は可能です

※熱交換についても同様に機能します

※某ホテル等、導入実績もあります

3 : 高い硬度の水への対応

水の硬度が20°TH以上の場合には、軟水機をご使用下さい

※水のカルシウム分等が、トラブルの原因となるためです

◎GS500シリーズカタログ

プレビュー

下記よりダウンロードが可能です

GS500シリーズカタログ.pdf
PDFファイル 1.1 MB

◎全シリーズ対応

当ページでは主にGS502GS515について紹介しましたが、アンダーカウンターシリーズ(排熱回収時間2分)・器具洗浄シリーズ(排熱回収時間2分)ラックコンベアシリーズ(稼働中常時)・フライトコンベアシリーズ(稼働中常時)についても、全て排熱回収装置付Energyシリーズを取り揃えています

◎Energyシリーズ提案書

プレビュー

下記よりダウンロードが可能です

ENERGY Series提案書.pdf
PDFファイル 6.0 MB

◎参考 : User's Voice

実際にご利用頂いているお客様からのご意見です

是非、参考になさって下さい

プレビュー

下記よりダウンロードが可能です


5.Hotel Okura東京ベイ Voice.pdf
PDFファイル 266.6 KB
6.The New Otani博多 Voice.pdf
PDFファイル 269.2 KB

※上記案内を見て興味を持たれ、実機に触れてみたい

・購入を検討したい・見積がほしい等・・・・

その時は右アイコンをクリック

ご購入の際には、KDだけの特別特典がつきます(個店様に限ります)